自宅で甘いものの代わりとエナジー補給に、ミューズリーを作っています。

ヨーグルトさえあれば、後は常備しているもので簡単に作ることができます。

以前はおしゃれにグラノーラを買っていましたが、グラノーラには余計な甘さも含まれています。

自家製ミューズリーであれば甘さや入れるものの調節ができます。

紹介します。

ミューズリーとは

ウィキペディアによるとミュースリとも言うそうです。

ロールドオーツ(燕麦の押麦)などの未調理の加工穀物とドライフルーツ、ナッツ、雑穀類などを混ぜあわせたシリアル食品の1種である。主に牛乳やヨーグルトなどをかけてふやかして食べる。

ウィキペディア ミューズリー

ウィキペディアによると発祥地であるスイスでは、「元来軽い夕食として食べることが多かった」と書かれていました。

私はこれが夕食では物足りないわぁ

ミューズリーの材料と作り方

ミューズリーの材料

  • ヨーグルト
  • オートミール
  • キウイ
  • ブルーベリー(冷凍)
  • クコの実
  • イチジク
  • カカオニブ
  • ココナッツロング
  • ピタヤパウダー

オートミールは1人分で、大体大さじ山盛り1杯入れています。

 

冷凍のブルーベリーがあると口寂しいときの甘さにもなるし、ミューズリーも簡単に作ることができます。

ドライフルーツだけでも良いのですが、フレッシュなフルーツや冷凍のフルーツを加えると食感が異なり、さらにおいしいですよ。

ミューズリーの作り方

  1. ヨーグルトを適量、器に入れる
  2. オートミールや冷凍のフルーツ、ドライフルーツをヨーグルトに入れる ドライフルーツが大きい場合にはハサミで切る
  3. 食べる前にピタヤパウダーを入れで混ぜ、カカオニブやココナツロング、フレッシュなフルーツを盛る

乾燥しているものは、前日のうちにヨーグルトの水分を吸わせておきます。それ以外のものは食べる直前にまぜまぜします。

ミューズリーは栄養がたっぷり

私は欲張りなので、今回は9種類の食材を入れました。

一度にこれだけの食材を食べること自体、なかなか貴重です。

さらに、スーパーフードが多いだけに、ミューズリーに入れるものには栄養が詰まっています。

 

  • オートミール 食物繊維
  • キウイ ビタミンCや食物繊維
  • ブルーベリー アントシアニン(ポリフェノール)
  • クコの実 ポリフェノールやビタミンC
  • イチジク ポリフェノールやカリウム
  • カカオニブ ポリフェノール
  • ココナッツ 食物繊維と良質な油脂
  • ピタヤパウダー ビタミンC

一つ一つはごくごく少量ですが、塊になるとパワフルです。

また、ドライフルーツは一度にたくさん食べられません。糖度が高いです!なので、買ったものを少しずつ使うためにもミューズリーは便利です。

まとめ

私は血糖値が上がりやすいので、ミューズリーでも血糖値がかなり跳ね上がってしまいます。

でも、栄養をしっかり取れる貴重な一皿です。

連日の猛暑の場合には、なかなか外を歩けませんが、血糖値が上がるものを食べた時は、食後に歩けばいいわけです。

栄養バランスと運動さえしっかり押さえておけば、ミューズリーは手っ取り早いヘルシースイーツでおすすめです♪

あわせて読みたい

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら