ホットクックで作ったスープをジップロックで小分けにして、ホットクックで温めなおして食べています。

この方法がとっても便利で、特に寒くなってくるこの季節は暖かな食事がうれしいです。

特に最近は、ホットクックでスープを温めることが好きになりました。夕食で幸せな気持ちになりますよね。

スープストックにする方法と、温め方を紹介します。

ホットクックで作ったスープをストックしよう

調理を放ったらかしにできるホットクックで作るスープが好きです。

調味料は、ほぼ塩とオリーブオイルのみ。材料も野菜が中心です。

この日は人参とカリフラワーが残っていたので、キャロットスープにしました。

 


ひとり分なのでジップロックはSサイズを使用

フードプロセッサーでペーストにしたものは、その日食べる分を除いてジップロックに小分けにし、スープストックの出来上がり!

それをそのまま冷凍して、食べる都度取り出して加熱します。

ホットクックでスープストックを温める


スープストック 加熱前

ホットクックでスープストックを温めます。

 

内鍋にお湯を張り、6発酵を使い70度で5分加熱しました。

他のことをしていて放置していたので、食べる時は少しぬるかったです。80度でもいいかな。

 


スープストック 加熱後

温度調整をすることで、熱々すぎないスープになります。スープの温度は好みで調節するのがいいですね。

 

今朝もホットクックでスープストックを温めて、ヘルシオでパンを焼いておいしい朝食をいただきました。

(ホットクックKN-HT24B使用)

湯気がうれしい季節

湯気で思い出されるのは、焼売や肉まんを温める時の、もわもわとした暖かな湯気。

今はなんでも電子レンジでチンしてしまいがちですが、湯気を見るとほっとします。

温かさはやさしさ、だからこの季節は湯気調理がうれしいのです。

電子レンジの急速に加熱されるのがなんとなく苦手で、ホットクックの加熱を好んでいます。

まとめ

もともとはヘルシオが調理中で電子レンジを使えなかった時に、ホットクックで加熱することを思いついたのでした。

クノールのカップスープでもいいのですが、自家製の方が添加物もないし栄養もあって満腹度が違います。

だから、冷凍庫にスープストックがあるだけで幸福度が上がります。

一人暮らしの方にも、食事の時間帯が異なる家族同士でも、ストックがあればすぐに温かなスープが食べられます。

これからの季節、湯気と一緒に美味しいスープをお楽しみください♪

次におすすめの記事はこちら

冬にうれしいホットクックで作る粕汁はこちら

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら