ヨーグルティアSで自家製納豆作りしています。3回目にして、やっと成功しました!

自家製納豆作りの成功の秘訣は、成功した人を真似たことです。

納豆の作り方で検索をして出会った、キルト作家のシュクコさんの作り方を真似しました。

成功のポイントは3つです。

  • 豆を柔らかく蒸しあげること
  • 種菌となる納豆をお湯で伸ばして豆に菌がが行き渡るようにすること
  • 醸している最中に余計な水分を入れないこと

自家製納豆の作り方を紹介します。

キルト作家のShukukoさんの納豆の作り方はこちら

【成功版】ヨーグルティアSで自家製納豆の作り方

材料

  • 豆(秘伝豆)  200g
  • 種菌の納豆 小(市販品) 1パック
  • 熱湯 大さじ3

作り方

  1. 豆を洗い、3倍程度の水に浸し1日置く
  2. 煮込み自慢で豆を圧力で1時間蒸す
  3. 容器を電子レンジ600Wで1分半かけて消毒する
  4. 種菌となる納豆を湯大さじ3でのばす
  5. 消毒した容器に豆を熱いうちに入れ、種菌となる3.と混ぜ合わせる
  6. 蓋をせず、取って蓋を閉め、外蓋を載せる
  7. ヨーグルティアSで42度、24時間にセットしスタートボタンを押す
  8. 発酵が終わったら冷蔵庫で一晩寝かせる

 


一晩(約12時間)戻した時点ではシワがあり水分を吸いきっていない


1日(約24時間)戻した豆はシワがない

豆はしっかり水分を吸わせることがポイントです。

 


3.容器を電子レンジ600Wで1分半かけて消毒する


4.種菌となる納豆を湯大さじ3でのばす


5.消毒した容器に豆を熱いうちに入れ、種菌となる3.と混ぜ合わせる


6.蓋をせず、取って蓋を閉め、外蓋を載せる


7.ヨーグルティアSで42度、24時間にセットしスタートボタンを押す


発酵が終わった状態


混ぜるとネバネバが増す

納豆菌をまとっているというのか、全体的に白っぽいです。これは納豆ですね!

自家製納豆は毎日食べても飽きない

市販の納豆も好きでしたが、毎日食べ続けたいと思ったことがありません。

自家製納豆は豆がおいしいこともあり、毎日食べても全く飽きません。むしろ毎日食べたくなります。

今回は山形の秘伝豆を使いました。市販の納豆より粒はずっと大きいのですが、時間をかけて戻し柔らかく蒸したので大きさは全く気になりませんでした。

また、私は仕事の終わりが遅いので出勤の日は夕食を作れません。冷蔵庫に納豆さえあれば、パパッと食べられて栄養価も高いから、とても助かっています。

まとめ

自家製納豆はおいしいと聞いていましたが、やっと「これはおいしい」と実感することができました。

やっと満足がいく納豆が出来上がりました!

今までは蒸し豆に菌が若干繁殖した程度の納豆でした。蒸し豆もおいしいから味に異論はありませんが、あれは納豆ではなかったなー

超ネバネバの糸引き納豆を作ることができて大満足です。これからも作り続けます。

ヨーグルティアSで作る自家製納豆 失敗版はこちら

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら