ホテルの朝食が好きです。

ホテルは種類が豊富で、選ぶ楽しみがあります。

洋食、和食、ホットミール、サラダ、フルーツやジュース、パン、お茶など…

ありとあらゆるものを、自分好みで選ぶことができます。

好きなものを選び、たくさん食べる楽しみはホテルブッフェの醍醐味です。

また、朝食は1日の活動源。

たくさん食べたら動けばいいので、何食べてもチャラになると勝手に思っています。

だから、ホテルのブッフェが大好き!

今年食べ歩いた中で、おすすめの3店舗を選びました。

さっそく紹介します。

1位 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの朝食

今年1番の大ヒットは、小田急ホテルセンチュリーサザンタワーダイニングの朝食です。

朝食のメニューがめちゃくちゃ豊富なわけではありませんが、どストライクでおいしいものが揃っています。

和食にしらすを取り入れている点がツボでした。

味よし、眺めよし、お値段も2850円(税込・2019年12月時点)とお手頃です。

今1番のオススメです。

2位 名古屋JRゲートタワーホテルの朝食

約120種の和洋多彩なメニューを取り揃えるブッフェです。

圧倒的な種類とインスタ映えするおしゃれな雰囲気で、選ぶ楽しみと食べる楽しみ、撮る楽しみを提供してくれます。

エビフライやきしめん、手羽先など、名古屋愛に溢れたメニューも充実しまいます。

旅先で楽しみたい朝食です。

3位 hotel koe tokyoのパンブッフェ

渋谷にあるhotel koe tokyoのパンブッフェは、パンと飲み物に特化したバリエーション豊富な朝食です。

約10種類のパンや飲み物が揃っています。

パンを焼くための。ミューダのトースターも設置されています。

選んで焼いて食べて。

朝食としての機能も充分ですが、雰囲気も良く居心地事よく楽しめます。

ホテルブッフェ 選択肢が豊富です

ホテルブッフェと言うと、私は超一流なホテルをイメージします。

 

しかし、今回選んだ3店舗は、超一流まではいかない身近なホテルばかりです。

朝食のお値段も3000円以下ながら、バリエーションが豊富!選んで食べる楽しみを提供してくれます。

ホテルの朝食も選択肢が豊富になりました。

まとめ

手頃に楽しめるホテルの朝食が増えていて、朝食好きとしては大変うれしいです。

贅沢ではありますが、ホテルの朝食は手軽に非日常を味わえて気分転換になります。

身近なリフレッシュ方法として、ホテルの朝食を楽しむことをおすすめします。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら