毎日のように飲む機会のあるコーヒー。

体に良いとか悪いとか、賛否両論ありますね。

コーヒーのメリットとデメリット。

そして、なぜコーヒーが飲みたくなるのかについて考えながら、貧血女子のコーヒーとの付き合い方を提案します。

コーヒーの歴史

コーヒーの歴史と言ったら大げさですが。

私の記憶では、昭和の時代は今ほどコーヒーを飲む機会はありませんでした。

昭和の時代は、インスタントコーヒーが主流です。それも朝に飲む系です。

会社にはお茶くみOLがいて(私もそうでした)、朝や午後の3時に緑茶を入れる習慣があった企業も多く、昭和の時代は仕事の合間は緑茶でした。

1996年8月にスタバの1号店がオープンしました。

そこからカフェ時代がやってきて、スタバやドトールの2大巨頭を筆頭に、喫茶店とは別の「カフェでコーヒー」の時代がやってきました。

その後、2013年1月にセブンイレブンが店頭で出来立てコーヒーを提供し始めました。

セブンカフェです。

セブンイレブンをスタートに、どのコンビニでも100円でコーヒーが買える時代になりました。

その後は、清涼飲料水の会社もコーヒーに力を入れ始め、コンビニの棚をコーヒーが埋め尽くしていると言っても過言ではありません。

そして令和はサードウェーブのこだわりコーヒー時代になりました。

クラフトビールを筆頭に、パンとコーヒー、ビールとコーヒーなど、コーヒーも深みを増す時代です。

スタバの上陸をきっかけに、コーヒー文化が広まり深まっています。

コーヒーのメリット・デメリット

この記事を読んでくださっているあなたの手元にも、コーヒーが置かれているかもしれません。

これほど身近になったコーヒーのメリットとデメリットを紹介します。

コーヒーのメリット

コーヒーのメリットは大きく2つあり、カフェインとポリフェノールの効果です。

カフェインの効果

  • 覚醒作用があり頭をすっきりさせて集中力を高める
  • 利尿効果があり、体内の老廃物の排出を促す
  • 中枢神経を刺激して、自律神経の働きを高める

ポリフェノールの効果

  • 赤ワインに匹敵する量のポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用がある
  • 紫外線による肌は荒れのダメージを防ぐ

健康長寿ネット コーヒーの健康効果とはがわかりやすいです。

コーヒーのデメリット

コーヒーのデメリットは、実はメリットの反対です。

  • 覚醒作用により眠れなくなる
  • 水分が体内にとどまることなく排泄されてしまう
  • 何杯もコーヒーを飲むことで交感神経を刺激し、緊張状態を維持し続ける

メリットも、度を越すとデメリットになります。

コーヒー摂取量チェック

あなたはコーヒーを毎日何杯飲みますか?

☑️ほとんど飲まない
☑️1日1杯
☑️1日2杯以上飲む
☑️コーヒーがないと不安で仕方がない

4項目のどれに当てはまるでしょうか。

そのコーヒーは何のため?

ここでは私の話をさせてください。

私は2020年10月に、本社勤務から店頭へ異動になりました。

地方の店舗しか勤務したことのない私にとって、首都圏の店舗は巨大かつ重厚で毎日とても緊張します。(今もそうです)

社食が充実していて、エスプレッソマシンで入れてくれるカフェラテが130円で飲めます。

おいしいコーヒーが130円で飲めるのはお得!と、気軽なきっかけで飲み始めましたが、ある時から毎日飲まずにはいられなくなりました。

食後のコーヒーにとどまらず、出勤前にも飲みたくなり時間を作ることも増えました。

「どうしてこんなにコーヒーを飲むのだろう?」と自分に問うてみました。

「緊張しているんだよねー」という答えが返ってきました。

 

以前も、地元静岡から分子栄養学のセミナーに参加する際に、必ずスタバのラテを買っていました。

なぜラテが欲しくなるのかと言うと、緊張しているからです。

緊張しているからリラックス状態を作りたいというか、緊張に耐えうるためのアドレナリンの注入でした。

社食で購入できるカフェラテも、緊張に対するアドレナリンの注入だったのでした。

午後コーヒーを飲むと眠れなくなることに気づいてから、コーヒーとは距離をおくように心がけていたにもかかわらず、毎日せっせとラテを飲み続けていました。

緊張状態は腸内環境の悪化を招く

女性は真面目で働き者です。(男性が真面目ではないと言っているわけではありませんよ)

自分の当たり前の基準が高くなっていると、自分ではがんばっていることにも気づきにくい状況に陥ります。

緊張状態が続くと便秘になりますが、便秘も体の炎症の1つです。

頑張っている状況=緊張=交感神経優位=便秘がち 負のループが起こります。

朝、時間がないとき、体からのお便りがないことはありませんか?

それは、急いでいる状況で交感神経が優位になり、便意を止めてしまうからです。

毎日無意識に頑張っている体にコーヒーを注入する行為は、炎症の悪化を招く結果になります。

まとめ

便利な環境もありコーヒーが身近になったりましたが、ハードワークな状況でコーヒーを注入し続けると、緊張状態が続き腸内環境の悪化を招く可能性があります。

「がんばるためにはコーヒーが手放せない」と感じたら、他の方法で身体をリラックスさせてあげてください。

「この状況はどうにもコーヒーがないと乗り切れないから飲む」や「今日はとびきり美味しいコーヒーを飲もう」と、自覚して選んでいきましょう。

特に嗜好品は依存しやすいので、自らコントロールすることをおすすめします。

ちなみに、私がコーヒーをやめたきっかけは、緊張がほぐれたわけではありません。

歯の色素沈着が気になり、コーヒーと距離をおくことにしたのでした。笑

次におすすめの記事はこちら

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら