出しからのタンパク質摂取を目的に、村上翔子さんのだしポットを購入しました。

分子栄養学を学ぶにつれ、タンパク質の重要性に気づきます。それとともに食生活を振り返り、自らのタンパク質摂取量の少なさに驚くばかりです。

そこで、細くタンパク質を摂取する方法として、出しを飲むことにしました。手軽に出しをとるための出しポット!

紹介します。

肉が摂れないならスープをお摂り

成人に必要な栄養素としてのタンパク質量は、体重の数字をグラムに置き換えたもの。

  • 50kgの場合:タンパク質必要量は50g
  • 60kgの場合:タンパク質必要量は60g

50gのタンパク質を摂るために必要なタンパク質量は約250g。

私がどうがんばっても、1日に食べられるタンパク質量は200gがいいところです。意識をしないともっと少ないかも。

なので、足りないものは少しづつでもスープで入れればいいという魂胆です。

お出しのもとになる煮干しと鰹節とには、アミノ酸の一種のイノシン酸が含まれています。

イノシン酸といえばうまみ成分ですが、うまみ成分はタンパク質なので心も体もホッとするし満足します。

手間はかけずに栄養を摂ろう

せっかくなら良い状態でアミノ酸を摂りたい。簡単に作りたい。IH鍋で毎朝作るのは他のものが作れなくなるなー

頭の中でぐるぐる考えた結果、だしポットを使う方法を思いつきました。

だしポットがあるじゃないか!!!

煮干しと鰹節とお水を電子レンジ200wで15分。

材料

  • 煮干し 5,6匹
  • 鰹節 ひとつかみ
  • 水 にほしと鰹節を入れたのち、500mlの目盛りまで加える

 

強いワット数であっという間に作れますが、失うものも多い気がします。なので、ワット数を低くして少しでも栄養を残したいと思いました。

作り始めは20分にしていましたが、今は15分で良いかと思っています。量や時間は作りながら調整すればいいです。

時間はかかりますが、電気がやってくれるから作ることも楽チンです。1滴まで取りこぼしなく漉して、少し冷ましてポットに入れます。

おいしいしいから続く

お出しドリンクを日中、お茶の代わりに飲んでいます。

ほんのり温かくて、空腹を感じる時もお出しドリンクを飲むと少し落ち着きます。

お肉を食べるときは、かなり意識してがんばって食べている感がありますが、お出しドリンクはするっと体に入ります。摂取するという行為自体もとても楽です。

なによりおいしい。ほっとします。

今日は東京へセミナーを受けに出かけています。

ふだんだったらペットボトルのお水で済ますのですが、なぜか作りたくなって持ってきました。体が欲しているのかな。

(2019年10月13日加筆)

村上祥子さんの出しポット、新品が販売されなくなりましたので、下記商品を紹介します

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら