お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

チアシードがお便りに効く気がするのでほぼ毎日、水に戻した状態で大さじ1杯いただいています。

先日、家を空ける前にチアシードを片付けようと、水で戻した状態で大さじ2杯をプロテインと一緒に飲みました。噛まずにゴクゴクと。

したらば激胃痛に襲われました。

スムージーの時と同じです。咀嚼しない食物を大量に胃に流し込むと胃に負担がかかって危険です。注意しましょう。

チアシードは噛むのがいい

ヨーグルトに入れた時は、キャッチできた時は噛んでいますが、飲み物に入っているチアシード、あなたはあれを噛んでいますか?

 

私は飲み物に入っている場合、ゴクゴクいってしました。

栄養の吸収面から、チアシードは噛んだ方がいいということがわかりました。丸飲み込みは消化されないのです。

消化されないと、せっかくのスーパーフードがもったいないですね。

ダイエット的にはこんにゃくのような存在なのかもしれませんが、そもそも正しい食事ができていない上に体内を素通りさせるだけでは、痩せるものも痩せられません。

よく噛むはだいじ

子供の頃から「よく噛んで食べましょう」と言われるとおり、よく噛むことは消化吸収を助けるだいじな行為です。

こくぼ歯科様の情報がわかりやすいです。

消化を助ける作用
唾液中に消化酵素のアミラーゼが含まれています。
アミラーゼは、糖質、デンプンなどを吸収しやすい形に分解する酵素です。
噛む回数が多いほど唾液アミラーゼの分泌も多くなり消化が助けられます。

咀嚼は脳にもいいそうです。

脳の働きを助けるためにも胃の働きに負担をかけないことがだいじ。そのためには咀嚼なのです。

よく噛むとガンの予防にもなる

いろいろ調べていたら、よく噛むことでガンの予防になるという記載が多いこと多いこと。

「唾液中の酵素には発ガン物質の発ガン作用を消す働きがある」とのこと。

ちなみに、がんになる確率は以下の通りです。
* 男性 62%
* 女性 47%

正直、こんなに高い割合でがんが発症するとはしりませんでした。私たちは常にリスクと背中合わせなのです。

まとめ

チアシードの丸飲み込みは危険!から、がんになるリスクにまで及ぶ咀嚼。当たり前の小さな積み重ねが健康維持の秘訣なのだと、改めて思い知らされました。

私は48歳。何も意識をしない場合、右肩下がりに健康度が落ちていきます。

意識して現状維持。より健康になりたければいっそうの努力が必要です。お読みくださったあなたも、よく噛んで健康維持されてくださいね!

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら