お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

逆算手帳ってどんな手帳ですか?と質問をいただきました。

そこで、私なりに感じている逆算手帳を、熱く語りたいと思います!

「逆算手帳」って何?

「逆算手帳」とは
「こうありたい」を実現するために
「ビジョン」から「逆算」して
「計画」を立てることに特化した手帳

「やらなくてはいけないこと」や他の人との約束が書かれたスケジュール帳ではありません。
※逆算手帳セミナー資料より

去年の反省から学ぶ

去年、逆算手帳を手にしてわくわくリスト100を書き終えました。ライフビジョンは何とかつくりあげたのですが、装飾もしなかったしその先に進めませんでした。

自分の立てた目標をどのようにブレイクダウンさせていくのか、具体的な方法がわかりませんでした。

だから今年は満を持して逆算手帳のセミナーをA・B・C・D、すべて受けました。そして手帳のすべての工程をこなし、来年を迎える予定です。

逆算手帳のステップ

えー?こんなに?と思いますよね。私も思いました。

ここまでやらなければいけないのか?と思うのか、ここまでやれば夢は叶うと思うのか。

私は後者を選びました。

セミナーをすべて受けて感じたことは「これだけやれば夢は叶う。絶対に叶う」ということです。

肝はプロジェクト化

逆算手帳では、ライフビジョンという大きな大きな夢を、行動できるサイズにまで小さくします。

それが網かけをした「プロジェクト化」です。プロジェクト化までしっかり行うと、ガントチャートが活きてきます。

デイリーに使いこなす「月間ガントチャート」にたどり着くまでにザックリ7工程。事前準備が7割と言いますが、まさしくそれを体現したかのような手帳です。

ちなみに、プロジェクトのシートは手帳にはありません。無料のメール講座に登録すると紹介があります。

他にも、逆算手帳は夢の実現に向けて多くの工夫がこらされています。

進捗バーの活用や週次の振り返り、月次の振り返りなど。私が昨年手帳を手にしたときには思いもよらなかったような丁寧な進め方を教えていただきました。

PDCAサイクルを回そう

ビジネスの言葉に言い換えればPDCAサイクルです。

私は仕事でもPDCAサイクルを回せとメンバーに向かっていったこともありますが、実はこんなにしっかりとBDCAをまわせていなかった。

自分の夢の実現に対しても同じです。

セミナーに参加してひしひしと感じたことは、逆算手帳は時間をかけて真剣に向き合うだけの価値がある手帳なのだと言うこと。

これほど具体的にPDCAの回し方を教えてくれる手帳はありません。セミナー参加も有意義でした。

夢の実現に向けて

夢は思い描いているだけでも充分楽しいものです。そして、それが現実に叶わなくても人は後悔をしないのかもしれません。

私はそれを実現したい、叶えたいと思ったのでした。

大きな大きな、こんなこと叶ったらいいなというレベルの夢を実現したいと思ったことはありますか?緊急ではない重要なことにどれだけの時間をさけますか?

その答えが逆算手帳にあるのです。

このくらい細やかに夢をブレイクダウンさせることで、「緊急ではなく重要なこと」は現実にグッと近づくのです。

12月は始まったばかり。

まだ来年の準備には間に合いますよ!

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら