今日はブログ仲間のさわこさんと東京ステーションホテルのロビーラウンジでお茶をしました。

東京駅の駅舎がホテルになっていますので、何度もその近くは通っていましたが、ホテルには初めて入りました。

 

ホームページや雑誌で紹介されている通り、天井が高く重厚な雰囲気。クラシックホテルらしさがふんだんに表れていました。

土曜日の午後は席に着くまでに待ち時間がありますが、座ってしまったらそこは別世界でした。

紹介します。

Classic Lauxury

東京ステーションホテルはクラシックホテルの会に加盟しています。

東京ステーションホテル以外には日光金谷ホテル、箱根の富士屋ホテルや軽井沢の万平ホテルなど、9つのクラッシックホテルが登録しています。

東京ステーションホテルは、確かにクラッシック。モダンではないですね。洗練されていると思うちょっと違います。

天井が高くて重厚な雰囲気。働く皆さんもぴしっとされていてとても気持ちが良い。まさしくクラシックホテルでした。

ケーキセット

ケーキセットはコーヒーか紅茶が選べます。
もちろんポットで運ばれてきます。

ケーキはトレイに運ばれてきて、現物を見ながら選べます。

 

ティーポットにはティーコゼーがかぶされていました。ティーコゼーをかぶっているポットを見るのは超久しぶりでした。やっぱりクラッシック!

ティーコゼーは、保温性がとても高いです。驚きました。

ゆったりとした時間が流れる

私がいただいたのはニューヨークチーズケーキだったかな?

 

さわこさんは春らしいケーキ。中にチョコレートのムースが入っていたような記憶があります。

当然ですがおいしいです。

椅子はアリスのティーパーティーのような、ゆったりと背の高い1人掛けのソファでした。

天井も高くテーブルとテーブルの間隔もゆったりとられています。周りの喧騒が微塵も感じられない落ち着いた空間でした。

1時間はあっという間に経ってしまいます。

混雑具合について

金沢に帰るさわこさんとお茶をするには東京駅周辺が安心です。

でも、土曜日の午後と言ったら激混みのイメージ。

実際にいくつかのホテルに混雑状況を聞いたところ、待たずに席につけるホテルはありませんでした。

東京ステーションホテルのロビーラウンジも昔に着くまでに30分以上は待ったと思います。

席につきさえすれば落ち着いた時間が流れます。ゆっくりお茶をしたいときには我慢をして待ってくださいね。

まとめ

優雅な空間でガチ撮り。笑

 

以前、さわこさんが宿泊されていて、私もとても興味があったので一度来たいと思っていました。今日はそのさわこさんと一緒だったので臆せず利用することができました。

 

とても落ち着いた時間を過ごせるホテルのロビーラウンジ。休日の午後にふさわしいなぁと思いました。

東京駅周辺でお茶をしたいと思った時に、覚えておくと便利です。

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 東京駅二重橋前駅大手町駅

 

合わせて読みたい

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら