一人暮らしになったことをで、ガスコンロに蓋をしました。

ガスコンロを使わない=できないこともあります。できないことを割り切って受け入れてシンプルに暮らしています。

さっそく紹介します。

ガスコンロに蓋をした理由

ブログでも紹介している通り、私の調理はヘルシオとホットクックがメインです。

ホットクックだけでも巨大な鍋1つ分あります。場所を取ります。代わりにガスコンロはほとんど使いません。

しかしガスコンロは、どの家にも当たり前の様にありますね。

ガスコンロはあれば便利だけれど、使う頻度が少ないなら蓋をしてしまおう。そう思ったのでした。

 

我が家のガスコンロは2口でした。

 

高さが7cmあるのでカバーが使えるか心配でしたが。

 

バッチリ!カバーできました。

 

上から撮った図です。

壁にぴったり付けたかったのですが、ほんの少し隙間が空きました。これ以上、カバーは後ろに下がりませんでした。

商品詳細

  • メーカー名:池永鉄工
  • 商品名:コンロカバー60cm
  • サイズ:幅 65cm、奥行 57.2cm、高さ 7cm
  • 価格:8544円(2019年10月時点)

購入先はアマゾンです。

ガスコンロに蓋をしてあきらめたこと①

電気調理器具は、ほったらかしで調理をしてくれる便利なものです。

しかし、ガスコンロ調理にも良い点はたくさんあります。

ガスコンロの代用が見つかっていないものは2つ。

  • 炒め物
  • 目玉焼きやオムレツなどの卵料理

ヘルシオの炒め物機能も充分おいしいのですが、火で作る炒め物とはちょっと異なります。

卵、特にオムレツや目玉焼きはフライパンの勝ちです。

ガスコンロに蓋をしてあきらめたこと②

ほぼガスコンロを使わない調理をしていますが、1つだけ便利に使っていた機能があります。

それは、魚焼きグリルでパンを焼くことです。

ガスコンロに蓋をすると、魚焼き機の空気口を塞ぎます。

パン1枚のためにヘルシオを稼働させるのは面倒だなと思ったのですが、全体最適を考えてガスコンロに蓋をすることを選びました。

ガスコンロに蓋をして改善されたこと

ガスコンロに蓋をして1番良くなったことは、キッチンのスペースが広くなったことですれ

実家のキッチンに比べると、賃貸のキッチンはそれはそれは狭いです。

ガスコンロに蓋をしたことで、ホットクックや煮込み自慢も置けるようになったし、野菜などのちょっとしたものも置けるようになりました。

キッチン全体が拡張された感じです。

また、ガスコンロは掃除しにくいなと感じていたのですが、ガスコンロの掃除をする必要が無くなりました。

食生活をシンプルに

ガスコンロに蓋をするにあたり、火を使うことをやめました。

火を使わないということは、できないことが増えることでもありました。

なのですが、使わないものを決めることで、生活がよりシンプルになったと感じています。

家で食事をする時は、おいしさと栄養に価値を置きます。

その代わりに外食をするときには、家で食べられないものも積極的に食べたいと思っています。

家食と外食、メリハリをつけて楽しもうと思うようになりました。

また、料理好きな方は調理器具に関心が高いと思います。

特にホットクックを買ったことで、おしゃれ鍋の代表格であるバルミューダやストーブ鍋への興味が全くなくなりました。

世の中には魅力的なものが多いのですが、ホットクック の便利さのおかげで、そういったものへの物欲、欲しいなぁ、買いたいなぁと迷うことも一切無くなりました。

まとめ

現在私は一人暮らしです。そのため自分がしたいように生活を選ぶことができます。

ご家族がいらっしゃる場合には同じようにはいかないかも知れません。

しかし、やらないことを選択する、できないことを受け入れることで、生活がぐっとシンプルになりました。

今の私にはこのライフスタイルが合っています。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら