「ぴろりんこさん好きそう」と紹介いただいたのが太田市美術館・図書館です。

電車旅も大好きなので行ってみたい!と思い、今日決行しました。

噂の通りフォトジェニック!

適度な活気と適度な緊張感。おしゃれだし、とてもとても居心地がよかったです。

紹介します。

群馬県太田市

太田市美術館・図書館は群馬県にあります。

東武伊勢崎線太田駅から徒歩1分。というか北口の目の前にあります。迷いません。無料で入場できます。

 

電車は東武伊勢崎線が乗り入れています。

 

特急に乗ると20分ほど早く着きます。値段の差は1000円。私は居心地重視で特急を利用しました。

街に創造性をもたらす、知と感性のプラットフォーム

太田市美術館・図書館は、斬新な発想により人々の感性を刺激する多彩な美術作品と、創造的発想の源泉となる広範な知識を提供する図書資料と、同時に閲覧できる場所を提供します。

基本理念がこのようになっていますから、美術系に特化していて、小説系がない意味がよくわかりました。

フォトジェニック!

どこを切り取ってもおしゃれ!

 

フィリップスタルクの椅子かな。子供用が並んでいて可愛かった♡

(館内の撮影は申請が必要です。許可をいただきました)

カフェでも本が読める

勉強をしている高校生もいて、大人がいる場所はシーンとしていました。

もう少しリラックスして本が読みたいなーと思い、カフェでも本が読めるか聞いたところ、読めるとのこと。早速カフェ移動しました。

カフェメニュー

カフェと図書館の壁はなく、オープンな作りです。

椅子があるところがカフェです。ふらっとお茶だけでも利用できますね。

 

ソイラテを注文しました。ちゃんとソーサー付きのカップで出てきます。

D&DEPARTMENTが運営しているようでした。

難点は外気の影響を受けやすいところです。今日は3月下旬にしては驚くほど寒かったです。窓際の席はもろに受けます。そこだけ注意ですね。

遊びのような図書館のような美術館のような

ガチガチの図書館でもなく、遊び心もあって適度な緊張感もあります。

「図書館とはこうあるべき」と私が抱いているイメージを全てとっぱらった自由な雰囲気でした。

観光としても充分楽しめるし、地元の方たちはくつろぎの場所として利用されているのでしょう。

 

私は「死ぬまでに見たい世界の名建築1001」を2時間ほど眺めていました。普段だったら手に取る本ではないし、手に取る余裕がありません。

今日は「ここでしか出会えない本を読みたい」と思ってきたので、がっつり楽しみました。感性が揺さぶられたかな。

まとめ

私は美しいものが好きだから、こういう空間にいるとワクワクします。

ワクワクするんだけれどもリラックスしているような、なんだかとてもいい気分でした。

何をしてもオッケーなんだ、自由でいいんだよ。自分にそんなメッセージをあげられた気がします。

時間を作って旅に出て、いつもと違うことをして楽しかったー!

都内から2時間前後で行けることりっぷ。いつもと違う場所へ足を運んでみませんか?

 

ランチには近所のイエロームングさんがおすすめです!

あわせて読みたい

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら