勝間塾の今週のサポートメールは「リラクゼーションの力を学ぶ」です。

今朝のサポートメールで語られていたのは、睡眠の質と心拍数の関係でした。

私はアップルウォッチと睡眠アプリのAuto Sleepで睡眠の質を計っています。

睡眠アプリを睡眠時の心拍数は、ざっくり58前後と認知していました。しっかり確認したところ、心拍数が70を超える日もあることがわかりました。

睡眠時の心拍数はでこひこあり

ほぼ毎日睡眠のログを確認しています。

ざっくりと分かっていたことは、睡眠時の平均心拍数は58くらいが多いこと。安定しているなぁと感じていました。

しかし、今朝のサポートメールを読んで改めて確認したところ、58の日もあれば78と言う日もあり、20も差があることがわかりました。

睡眠時の平均心拍数は60

私の睡眠時の心拍数の平均は60です。

ざっくりと58と認識していたのは、あながちハズレではないです。

 

これは心拍数の平均一覧です。58の日が多いでしょ。

しかし、この一覧を確認してみて分かったことは、平均が78と言う日もあったことです。

平均心拍数58の時の睡眠の質

この日の平均心拍数は58、深い眠りが3時間でした。睡眠時間の半分は深く眠れています。

 

会社で睡眠時の心拍数の話になりました。

私は心拍数が安定しているときは、深い眠りが4時間くらい続くと話をしたところ、1つ年上の男性は驚いていました。

私的には当たり前のことだったのですが、大人になると年々眠りの質が浅くなるのですかね。

平均心拍数77のときの睡眠の質

画像からも分かる通り、平均心拍数78の時は深い睡眠が1時間弱しかありません。7時間近くも眠っているのに残念でなりません。

この日がたまたまかというと違うのです。

 

これは別の日のログです。

平均心拍数78の時はやっぱり深いが睡眠が少ないです。

というか、7時間以上も眠っているのに深い睡眠が1時間とは驚きです。何かの間違いかしら。

今朝のサポートメールを読むまで、ここまでしっかり睡眠時の心拍数を確認したことがありませんでした。

心拍数の高い日は深い睡眠時間が少ない。これは相関関係がはっきりしました。

しかし良質な睡眠と深い睡眠には相関関係があるのか?これが現時点ではよくわかりません。もう少し調べてみます。

 

しっかりとコクのあるコーヒーを飲んだ日の睡眠のログです。

目がランランとして、眠りにつくまでに時間がかかりました。この日は眠りが浅いのかと思っていたのですが、眠りについた後はしっかり眠れていました。

 

ちなみに、起きているときの心拍数の変動はこんな感じです。

原因究明はこれから

心拍数が上がる原因はわかりません。手帳を見ても特に夜の予定があったわけではありません。

平均睡眠6時間では目覚めが悪く、まだまだ睡眠が足りていません。せっかく眠るなら良質な睡眠をとりたいものですね。睡眠グッズもいろいろあることが分かって楽しそう。

まずは毎日しっかりと睡眠のログを確認します。変化があったとき、その原因を探してみます。

あわせて読みたい

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら