ホットクックでブロッコリーを蒸して常備菜にしています。

冷蔵庫に、さっと食べられる野菜があると安心します。

ブロッコリーは葉酸が豊富なので、貧血さんにもおすすめの野菜です。

ホットクックでブロッコリーを蒸す方と、栄養について紹介します。

ホットクックでブロッコリー蒸し

材料

ブロッコリー 1ケ

作り方

  1. ブロッコリーを適当なサイズにカットする
  2. ホットクックの内鍋に200cc程度の水を入れ、ザルに入れたブロッコリーを置く
  3. 手動・4蒸し・3分で加熱出来上がり

量は多くても少なくても時間は3分です。

(ホットクックKN-HT24B使用)

ブロッコリーには葉酸が豊富!

ビタミンB群の葉酸とビタミンB12は、細胞分裂に必要な栄養素です。

不足すると赤血球が正常な大きさにはならず、大きいままになってしまいます。

血球が大きいままだと末端まで血液が行き届かず、末端冷え性になったりします。

貧血さんの血液検査データは、血色素量(ヘモグロビン)低め、血球の大きさを表すMCV大きめの方が多いです。

薬膳的には・・・

五臓の働きを良くするブロッコリーは、虚弱体質の人や元気がない人、どうかが気になる人にオススメの食材です。

薬膳・漢方の食材帳より

胃腸にも優しいブロッコリーは、貧血さんは積極的に取り入れたいですね。

ブロッコリーは寒い冬にも食べたい野菜

貧血さんは、寒い冬に冷たいサラダはお箸が進みません。出来ることなら温かな野菜でほっこりしたい。

そんな時にブロッコリーは便利です。

特に、蒸しは栄養素が水分に流れていることがありません。

丸ごと1つ加熱して、冷蔵庫保管が可能です。(3日程度がおすすめ・日数経過とともに栄養価は若干下がるでしょう)

食べる時はヘルシオの「あたためいろいろ」コースで、低めの温度(40度が好み)で加熱していただきます。
(電子レンジの弱めのワット数でも同じことができるはず)

まとめ

冬は根菜がおいしい季節ですが、緑黄色野菜もしっかり食べたいです。

一度にまとめて蒸しておくと便利なブロッコリーは、どんなお料理にも合わせやすいです。

ホットクックでブロッコリーを蒸して、常備菜にすることをおすすめします。

次におすすめ記事はこちら

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら