カレー粉で作るなすとひき肉のカレーを作りました。

久しぶりのガスコンロです。

スパイスを使った料理はガスコンロが便利ですね。

  • カレー粉で作るなすとひき肉のカレー レシピ
  • 残ったカレーのアレンジ方法
  • ガスコンロとホットクックの違い

上記3点を紹介します。

さっそく作ってみたくなりますよ!

ぴろりんこ
カレー大好き!分子栄養学カウンセラーのぴろりんこ(@piro25_com)です。このサイトでは、主に調理家電で作る貧血予防・タンパク質摂取アップのレシピと、旅の記録を発信しています。

カレー粉で作るなすとひき肉のカレー レシピ

カレー粉で作るなすとひき肉のカレーのレシピを紹介します。

玉ねぎを飴色になるまで炒めたところ、甘くスパイシーなおいしいカレーに仕上がりました。

材料と作り方

材料(4人分)

  • 豚のひき肉 300g
  • 玉ねぎ 1個
  • なす 2本
  • インゲン 1袋
  • エリンギ 1パック
  • トマト 2個
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • カレー粉 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • 塩 全体量×0.6%
  • オリーブオイル 大さじ2

作り方

  1. お肉の量×0.6%と野菜の量×0.6%分の塩を計っておく
  2. 玉ねぎとニンニク、生姜をみじん切りにする
  3. フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクと生姜を炒める
  4. 香りが出てきたら玉ねぎを入れて中火で炒める
  5. 玉ねぎが色がつき始めたら弱火にして飴色になるまで炒める
  6. 玉ねぎを炒めている間に野菜をカットする
  7. ひき肉と塩(ひき肉分)を加えぽろぽろになるまで炒め、 カレー粉を加えよく炒める
  8. なす、インゲン、エリンギを加える
  9. 野菜全体に油が回ったら、トマトと塩を加え全体を混ぜる
  10. ふつふつしてきたら蓋をして弱火で10分煮込む
  11. 仕上げに醤油を加え全体を混ぜる

 

3.フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクと生姜を炒める

5.玉ねぎが色がつき始めたら弱火にして飴色になるまで炒める

7-1.ひき肉を加えぽろぽろになるまで炒め

7-2.カレー粉を加え

7-3.よく炒める

9-1.野菜全体に油が回ったら

9-2.トマトを加え全体を混ぜる

出来上がり

作り方のポイント

玉ねぎは飴色にしてもしなくても良いですが、水分は飛ばしでください。その方が甘みが出ますし玉ねぎから水分もでません。

ナスとインゲンは存在感を出すために大きめに、それ以外の食材は、ひき肉に合わせて小さめに切りました。

いただきます

玉ねぎをじっくり炒めたから、カレーのスパイシーさと玉ねぎの甘さで奥深い味になりました。

「この甘さは砂糖を入れたの?」と母が言うほどでした。

 

玉ねぎが大きめだったのでカサを減らすためにしっかり炒めたのですが、飴色玉ねぎはカレーに合うし、やっぱりおいしいですね!

なすとひき肉のカレーは、夏になると一度は作りたいレシピです。

なすとひき肉のカレー アレンジレシピ

たっぷり作ったので、残ったカレーは翌日にご飯と炒めてチャーハンにしました。

 

 

本当はドリアにしたかったのですが、面倒になり器に入れて焼くことをせず、炒めたままチーズをのせてみました。

まったく同じメニューでも良いのですが、ちょいと姿を変えると家族のウケが良くなります。

食パンにカレーとチーズをのせて焼く、自家製カレーパンも美味しそうですね。

カレーは翌日にアレンジが利くから便利です。

ガスコンロとホットクックの違い

普段はガスコンロに蓋をして、ホットクックとヘルシオを使って調理しています。

久しぶりにガスコンロで調理をして、ホットクックとの違いを感じました。

特に感じた点は2つです。

1つ目は炒めは直火が得意な点、2つ目は全て自力で行うので、うっかりすると焦げてしまう点です。

1.炒めはコンロの得意技

玉ねぎを飴色に炒めるだとか、カレー粉をしっかり炒めるといったことは、コンロの方が得意です。

ホットクックでもできないことはありませんが、自由自在にできるところまで技を高めていません…

ホットクックはやっぱり煮込んでナンボです。

2.コンロはうっかり焦げる

今回はじっくり炒めたこともありますが、炒めすぎて焦げました。笑

ついうっかり放置しました。加熱が進むのですねー

ヘルシオやホットクックを使っていると焦がすと言うことがありません。

焦がす料理をしないからと言うこともありますが、久しぶりに焦がすという体験をしました。

3.ずっとキッチンにいる

ヘルシオやホットクックの場合、加熱している間はほったらかしで大丈夫です。

片付けたりなんだりで大体キッチンにはいるのですが、当たり前ですがガスコンロだとほったらかしができないんだなぁと。

また、調理家電を使うようになり塩分量を事前に計る習慣ができました。

今回はガスコンロで作ると言うことで、塩分量を計ることをすっかり忘れていました。

このくらいでいいかなぁと何度味見したことでしょう。面倒ですね。

紹介したレシピは事前に塩分量を測るようにしました。

なすとひき肉のカレー まとめ

  • カレー粉で作るなすとひき肉のカレー レシピ
  • 残ったカレーのアレンジ方法
  • ガスコンロとホットクックの違い

上記3点を紹介しました。

夏野菜をたっぷり入れて食べたいひき肉のカレーです。美味しいですよ!

休日のランチに迷ったときは、なすとひき肉のカレーをぜひ作ってみてください♪

ブログランキングに参加しています。
↓画像をポチッとしてね!
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


健康・ヘルシー料理ランキング

次におすすめのカレーのレシピはこちら

ホットクックでチキンと野菜の無水カレー【トマトとカレー粉を使った簡単レシピ】

ホットクックでエビとズッキーニのトマトカレー【カレー粉で作るヘルシーレシピ】

ホットクックでキャベツとひき肉のカレー ホールトマトで簡単に【貧血女子に捧げるレシピ】




この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら