半年ぶりにファンケルハウスで体成分分析を受けてきました。人生にはいいことも悪いこともつきものですが。

現実は厳しいなと思ったのがinBodyの結果でした。

たかが測定の結果でなぜそんなに大袈裟な?と思うかもしれませんが、そう思わずにはいられない結果です。半年でこんなに体の中が入れ替わっているとは。

坂を転げ落ちるようにとは、まさに今回の結果のこと。健康を維持するためには食事も大切だけど、運動も睡眠も大事。特に筋肉は大事なのです。

残念な結果、うそ偽りなく公表します。

inBodyとは

inBodyとは、水分、筋肉量だけでなく、脂肪、蛋白量など身体成分までを簡単に測定し、評価できる身体成分分析装置です。

この機会が銀座のファンケルハウスにありまして、ファンケル会員になると1回500円で測定してもらうことができます。

結果発表

見ればわかると言う感じです。

青文字は標準版よりも下回っているもの。標準よりも上回っているものは赤字にしようと思って忘れました。

青い編みかけは前回よりも減ったもの。前回よりも減ったものがほとんどでした。

赤い編みかけは前回よりも増えたもの。増えたものが体重と脂肪だけだったと言う。笑

笑いごとではありません。

体にとってとても必要なものが減っていて、不必要なものが増えている。これでいいわけありません。

体は積み重ねの結果でできている

リンカーンは「男は45過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言ったそうです。

女だって同じです。今までの生き様が自分の顔に表れているはずです。

そして、それは顔だけではありません。体も同じ。

ただ、体内は見えないから外見で何とかごまかすことができますが、機械で測定することで丸裸になります。

子供の頃から運動が得意なタイプではありませんでした。中学3年間はバレーボールをやっていたけれど、高校生になると女子校で帰宅部。

毎日学校帰りに喫茶店に寄り道はポテトやパフェを食べていたし、1ミリたりとも歩きたいとも思っていませんでした。

高校時代に自転車通学しなかったことが今更ながら悔やまれます。

 

私が運動を取り入れ始めたのは山歩きから。山歩きと自転車を覚えたことで運動が身近になりました。

とは言え、日常的に1万歩前後を歩く以外は運動を何もしていません。

育ち盛りの年頃のタンパク質不足と運動不足から、現在の筋肉量の低下が尾を引いていると考えています。

筋トレせよ!

筋肉バランスも測定します。表記が難しかったので表には入れていません。毎日1万歩近く歩いていても、足の筋肉は標準ギリギリ。体幹は標準以下です。

「最近ランニングを始めました」と言ったら、ファンケルの方に言われました。

「あなたに必要なのはランニングではありません。筋トレです。」

知ってる。筋肉がないから低血糖だし、いろいろ踏ん張りが効かないことは知っています。なのに、なかなかジムのドアを叩けないでいます。

まとめ

このデータはあくまでも私個人のものです。私と似ている体型のアラフィフ女性が、すべてこのようなデータだとは限りません。

幼少の頃からの生活習慣で筋肉量はかなり差があると思います。

結局のところ健康を制するのは筋肉!食事と運動と睡眠、どれも欠かせないいうことです。

今週中にジムの見学に行ってこようかな。マジデヤバイヨ。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら