先月、料理教室で習ったレバーのコンフィをホットクックで作ってみました。

初めてのレバーの下処理に時間がかかりましたが、丁寧に手抜きした方は臭みがなく、スパイシーで美味しかったです。

美味しいし、毎日少しずつレバーを食べることで鉄分補給ができるからうれしいです。

さっそく紹介します。

レバーのコンフィ ニンニクとスパイスがしっかり効いている


スパイスに漬け込んだの図

今回作ったレバーのコンフィーは、ターメリック(私はカレー粉で代用)やカイエンヌペッパー、パプリカを使ったスパイシーなものでした。

それにニンニクもたっぷり♪

栄養面でも素晴らしいのですが、味もピカイチでした。

私は、料理教室のようにたくさんのスパイスを用意できないので4種類のみ。

また、料理教室ではガスを使って調理します。

これが普通なのですが、私はホットクックで作りました。

「スパイスに火を入れる、強火で煮詰める」など、ガスと同様にはできませんが、ホットクックでも風味豊かなレバーのコンフィができ上がり感激でした!

ホットクックでレバーコンフィを作った詳細はこちら

レバーの血抜きに初挑戦

料理教室でいちど触っていたので、抵抗なくできました。塩梅がわかる感じです。

それにしてもレバーはグロテスク。

料理教室のものよりも血も脂肪も多く手間がかかりました。レバーもクオリティがあるのでしょう。

何はともあれ無事に下処理ができ、ほっと一息でした。

実家の母は、レバーの下処理はせずそのままのものを甘辛くにつけてくれます。

それをおいしいと食べていましたが、先日下処理されたレバーのコンフィを食べた後にレバーの甘辛煮を食べたところ、ちょっと臭みが気になりました。

レバーは一手間かけると、味が数段良くなります。

レバーの詳しい下処理はこちら

スパイスの効果効能

今回私が使ったスパイスは4種類でした。

  • カレー粉
  • カイエンヌペッパー
  • パプリカ
  • マスタードシード

本当はターメリックのところを、自宅にあったカレー粉(ターメリック入っている)を使いました。

ターメリック
ターメリックに含まれるクルクミンには、抗炎症や抗酸化作用があります。

カイエンヌペッパー
唐辛子の中でも辛味が強いカイエン種と呼ばれる唐辛子を乾燥、粉末にさせたものです。

ビタミンPはビタミンCが熱で壊れるのを防ぐ作用もあります。

パプリカ
ビタミンCとビタミンP(ヘスペリジン)が含まれていて、後炎症、喉不安、抗アレルギー作用があります。

肉の臭み消しにもなり、新陳代謝を促進、食欲増進、抗酸化作用があります。

マスタードシード
抗菌や防腐効果があります。

私は今までスパイスを多用していませんが、効果効能を調べてみると「使わないと損」という気がしてきました。

まとめ

料理教室で実際に作ったり食べたりすることで、新しい料理でもハードルがグッと下がります。

今回はレバー料理を自分で作ることにチャレンジできました。

レバーは焼き鳥屋さんで食べるもの、外食で食べるカテゴリーから、自分で作るものに変わりました。

これからはレバーのコンフィを定期的に作り、毎日コツコツ食べられると思うとうれしいです。

12月14日(土)に、私にレバー料理を教えてくださったヨリコ先生と、貧血予防のイベントを開催します。

ヨリコ先生からリアルに料理のレクチャーを受けていただき、レバー料理のレパートリーを増やしていただけたらうれしいです。

イベントのお申込みはこちら

YORIKO先生の料理教室やイベント参加の様子はこちら

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら